So-net無料ブログ作成
前の5件 | -

宅録史5:複雑なものから法則を探せ [連載読み物]

自宅録音の黎明期を語る自分史の続きです。

 前回のお話はこちら → 宅録史4:アイドルをさがせ
 1回目のお話はこちら → 宅録史:序章

しばらくの間、歌謡曲を作曲してましたが、やはりハードなインストをやりたくなりました。そこで、1曲作りましたが、、、(こちら)。

まず、ギターの音が酷かったです。以前、書いたようにエフェクターから直接ミキサーへ入力して録音してたのですが、歌謡曲の時はクリーンな音色だったので何とかなりましたが、エフェクターで歪ませた音はとても酷い音でした。当時はアンプシミュレーターなどの機材もないので、ハードロック固有の歪んだ音色は、大きなアンプで大音量を出してマイクで録るしか方法がありませんでした。しかし、防音設備のない自宅では無理です。

それよりもギターが下手でした(エレキを買って、まだ2年です)。インストはどうしてもアドリブなどの高度な演奏技術が必要になりますが、それは無理な話。自分にはまだ早いと思いました。まだ、ハードなギターを録音するすべもなく、次に目をつけたのはクラシックでした。

ポップス、ロックと同じようにクラシックも好きで、ラジオでよく聴いてました。しかし、作曲のお手本として聴くには難解なのは訳が分からないので、バッハなどのバロック音楽が好きです。まずは、この辺に手をつけようと思いました。

まだ、音楽理論を勉強してないので、大編成のオーケストラなどが分かるはずもなく、小編成の室内楽やオルガン曲が多いバロックに目をつけたのは正解でした。まずは、前にラジオで何回か聞いたバッハのバイオリンのソロ曲の譜面とレコードを買ってきました。が、しかし、このもくろみは大きく外れることになりました、、、。

譜面を見ても訳が分かりませんでした。そこには、#やbだらけの音符が並んでいました。不協和音ぽい個所はともかく、聴いた感じは何気なく流れるようなメロディーであってもいっぱい並んでいました。当然、歌謡曲で身につけた「コード進行の法則」では歯が立ちませんでした。

それよりも、もっと驚いたのはメロディーが同時にいくつも演奏されていることでした。そこにあるのは、伴奏(=コード)とメロディーという図式はなくて、各パートが勝手に演奏しているのに全体でハーモニーになっていると言うものでした。バイオリン一つでこれをやられたら一たまりもありません。降参でした、、、。

が、それも悔しいので譜面とレコードを比較して何度も何度も聴きました。そして、おぼろげながらも複雑さの中にも「法則」があることにに気が付きました。知識・理論も知らずにとにかく耳で覚えて、それを模倣して2曲作ることに成功しました(他に未完成は山ほどあります)。当然、クラッシックの楽器はないので(当然シンセも持っていない)ギターとMTRで何とかして録音しました(こちらこちら)。

宅録史_05

その後、書物から知識・理論を修得して「どんなに複雑なコード進行でも最初に発見した3つの法則で説明出来ること」、「複数のメロディーが同時になるのはポリフォニーと言ってハーモニーの基礎であること」に気付いたのは、7、8年ほどたってからです。

その後、この教訓からシンプルなコード進行でもただ単純にコードを並べることはやめるようになりました。コードと言うものは音楽を良く分かっていない人に簡単にハーモニーを教えるものであって、各声部が別々の歌を歌うように「奇麗に」配置しなければ、本当のハーモニーは得られないことに気付きました。そして、我々がやっているような音楽は、クラッシックの世界では200年前にすでに「古い」ものになったものの焼き直しなのであることにも気付きました。深遠な音楽の世界を垣間見たことによって、さらに作曲に励むことにないります。

 今回の教訓:すべてはクラシックに学べ

nice!(15)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

上手くなるには? [雑感]

楽器をやっていれば誰もが上手くはなりたいと思います。でも、一流のプロの演奏を聴けば自分との腕の差は歴然。多くの人(特に初心者)は、「どんな練習をしたら上手くなれるのか?」の疑問を抱いて、ネットなどでその答えを探すと思います。今回は、ちょっと辛口でその疑問に答えてみます。

Paganini

結論から書くと上手くなるためには膨大な時間を練習に割く必要があります。効率の良い上達法はないと思います。「コツがつかめれば」と考える人もいるかと思いますが、そのコツを取得するためには、それができる筋力だったり脳の反射神経だったりが必要で、結局、それは膨大な練習でしか身につかないと思います。

上手い人は何年も生活のすべてを犠牲にして練習をしてきているはずです。そのためには食べたり、寝たりするのと同じぐらいに練習することが必然とならないと時間を確保することは難しいと思います。逆に、生活を犠牲にしてまで時間を確保できないのであれば、上手くなることよりも自分の技量の中で楽器を楽しむことに気持ちを切り替えた方が良いと思います。

そういう意味では、若い頃に練習を積んだ人は強いと思います。社会人より学生の方が時間に余裕があると言う点もありますが、楽器の練習に時間を当てることが日常となり、生活の一部となるからです。社会人になってから始めると、公私ともに過去の経験で慣れ親しんだ時間の使い方があり、そこに練習の時間を組み込むのが難しいと思います。どうしても余った時間で練習しようと思いつつ、結局、時間が余らなかった、、、の連続になりがちです。

クラシックの1流を目指すとなると人並みの生活を諦め、周囲のサポートも必要ですが、ロック・ギターではそこまでやらずとも十分に高いレベルに行けると思います。楽しくてギターを何時間も弾いちゃう、、、となれば、それで十分だと思います。それにしても人並みの娯楽は諦める必要がありますが、それよりギターが好きって言う人が上手くなるのだと思います。「好きこそ物の上手なれ」、、、ですが、「好き」のレベルが人並みではダメってことかもしれませんね。

nice!(14)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

"明日への扉" 音作り編 [ボーカロイド曲:制作中]

先週公開したボカロのオリジナル曲"明日への扉"、いつものように製作後記です。今回は、バスドラムやベースの低音の音作りをアレンジから抜き出して音で紹介します。


今回はテクノな要素を取り入れたポップスでした。この手の曲は4つ打ちのバスドラと前面に出るシンセベースなどの低音がアレンジの肝だと思います。どちらもドスンと来る低音と主役並みに主張する中高域の両立が重要だと思います。

今どきの音ではあるので、最新の機材ならプリセットの音色やエフェクトで出来てしまうのかもしれませんが、自分は古い機材なので、ちょっと工夫してみました。そのあたりをピックアップしてみます。紹介する音は、曲の2コーラス目の後半(動画の2:01から)から抜き出してます。

1.バスドラ:基本の音
 シンセの音ですが、ドスンとした低音とペタっという中域がミックスされた音ですね。

2.バスドラ:低音の補強
 もう一つの音色を重ねます。より低音を強調した音色を選びました。

3.バスドラ:ミックス
 1と2をミックスしてます。2の音が少し弱めです。

4.ドラム:エフェクト
 さらにイコライザーで低音を調整し、リミッターで音圧をあげ、ゲートリバーブをかけました。

5.ドラム:完成形
 4に上物の音を加えてドラムは完成です。

6.ベース:基本の音
 ノコギリ波のいかにもなシンセベースです。レゾナンスを高めに設定して派手にしてます。

7ベース:低音の補強
 低音を強調するための音色。アクセントの箇所のみ鳴らしてます。

8.ベース:ミックス
 6と7をミックスしてます。7が少し弱めです。

9.ベース:完成形
 イコライザーで低音を調整して完成です。

10.ドラム&ベース
 両者をミックスしてリズムの完成。これだけもカッコいいかな?

11.バッキングの完成
 シンセの上物とエレキを加えてバッキングが完成です。

こんな感じで音を作りながらアレンジを進めていきました。常にすべての音を鳴らしているわけではなく、箇所によって抜き差ししてアレンジをするのもこの手の曲の常套手段ですね。センスを問われるけど楽しい作業です。

いつものようにトラックの構成も書いておきます。

明日への扉 PianoRoll

 シンセサイザー ドラム Roland XV-3080 : 3トラック
 シンセサイザー シンセ類 Roland XV-3080 : 9トラック
 サンプリング スネア : 1トラック
 エレキ・ギター : 1トラック
 ボーカロイド : 3トラック

(製作期間 : 2019年8月) 

Copyright 2019 Katsumi Ochiai


nice!(17)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

"明日への扉" feat. MEIKO [オリジナル曲:ボーカロイド]

作詞編アレンジ編エレキ録音編と制作過程を紹介してきたボカロのオリジナル曲が完成しました。今回はちょっとテクノでポップなアレンジの曲です。今回もオリジナルのイラストを使った動画を作ったのでご覧ください


リンクはこちら → https://youtu.be/MY2cIG-9Vww

今回は路線変更した第1弾。とは言っても、しばらく続けてたエレキ主体のアレンジより自分的には好みのど真ん中な曲調で、作るのがいつも以上に楽しかったです。低音にインパクトがある音作りをしたアレンジ作業も上手くいきました。

比較的、今風の音を目指して始めたので、perfume並みに先鋭的な音にしようかと思いましたが、やっぱりサビだけエレキを入れたりで、自分流なところに落ち着いたかなと思います。良い感じが見つかったので、しばらくこの路線で作りたいですね。

演奏ですが、ドラム、ベース、シンセ類は打ち込みのシンセ(Roland XV-3080)。サンプリングも使ってます。エレキはいつものフライングV、アンプシミュはLine 6 Pod2.0でMesa Boogie DUAL RECTIFIER(1994年)です。ボーカロイドは、MEIKO V3です。

動画と同じ音源ですが、いつものようにMP3もアップしておきます。



(製作期間 : 2019年8月) 

Copyright 2019 Katsumi Ochiai

nice!(13)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

"明日への扉" エレキ録音編 [ボーカロイド曲:制作中]

ボカロ曲の製作。作詞編アレンジ編に続いて、エレキのバッキングの録音風景を動画で紹介です。

今回の曲はシンセサイザーが伴奏の主役なのでギターは脇役ですが、あえて自分流で激歪み系のバッキングを弾きました。とは言ってもリズムはテクノっぽいポップスなので、メタルっぽいノリでは弾けません。とても簡単な演奏なのにリズムに合わせるのは苦労しました。

いつもはギターの演奏のノリに合わせてリズムを決めてアレンジしていくことが多いので、あまり苦労はしないのですが、今回はテクノな機械的なビートなのでいつも以上に正確に弾かないとならないので難しかったです。録音の難しい所ですね。

動画の演奏ですが、1コーラス目の抜粋です。ドラムとベースは前回と同じ設定です。エレキはいつものフライングV、アンプシミュはLine 6 Pod2.0でMesa Boogie DUAL RECTIFIER(1994年)のシミュレートです。本番のミックスでは目立たないように音量を抑えると思いますが、今回は演奏動画と言うことでガッツリを前に出してミックスしました。シンセも音を消してます。では、どうぞ!


リンクはこちら → https://youtu.be/QLkpDGivi6g

(製作期間 : 2019年8月~)  

Copyright 2019 Katsumi Ochiai

nice!(13)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽
前の5件 | -